畦研究家の川田勝儀のブログ 畦に関する問題を解決することに挑戦しています。 まず、水田用水位調整器「深水バンダム」を開発しました。

2023年10月01日 17:12

9月27日 鳥取県 西部総合事務所様が試験施工されている「田んぼダム装置イレタママ」 の使用状況を視察して来ました

令和5年9月27日 鳥取県西部総合事務所の職員の方と一緒に、鳥取県日野郡日南町印賀にある(株)ファームイングの岩田社長様とお会いして来ました。
日南町は中国山地のほぼ中央、鳥取県の南西の内陸部にある町で、町全体が豪雪地帯に指定されているそうです。
この水田では「飼料用米の黄金ひかり」を栽培しており、全部の水稲の耕作面積は32haとお聞きしました。
今回は「田んぼダム装置イレタママ」{H型 w255×D(上93下60)×H520}の使用状況を視察させて頂きました。
写真は県の職員の方と一緒のものですが、岩田社長様にも一緒に撮影をと、お願いしましたが、やんわりとご遠慮されました。
お忙しい中、わざわざ遠く離れた水田までお出で頂き、親切にご対応下さり、有難うございました。
また、県職員の方には、職場の米子市から車で50分も離れた日南町にご案内下さり。感謝申し上げます。